関西の注文住宅商品情報などの盛りだくさんな不動産情報を 賃貸、一戸建て、マンションの住まいに関する情報を探すなら - LIVING おうち探し が提供します。

関西エリアの注文住宅
注文住宅を都道府県から絞り込む

関西エリアのピックアップ商品

  •  6メートルを超える高さの、広い吹き抜け。朝もやのような柔らかな空気の色を映し、空へと限りなく視界を広げる伸びやかな高い窓
  •  リビングだけでなく、エントランスや、ダイニングにも自然光の明るさやぬくもりに包まれた開放的な空間が生まれます
  •  「大スパン床梁」には高強度の集成材を使用。1階で最大6m、2階で最大8mの柱のない広々とした空間を実現。たとえば吹き抜けのリビングと気持ちのいい開放感でつながる、ライブラリーコーナーを設けた2階の廊下も可能に
  •  5.5mもの吹き抜けが気持ちのいい「ビッグヴォイド」は外観にも個性的な表情を与え、街並みにも存在感を与える。視界を広げるバーチカルヴォイドサッシは外からの光も存分に採り入れることができる
  •  エントランスから土足のままではいれる土間ラウンジ。木を生かした天井や、暖炉風ヒーターや石張りの床が上質な空間を演出
  •  風合いのある石を敷き詰めた床と木を貼った天井、タイルをアクセントとした壁がナチュラルなくつろぎをもたらす寝室
  •  壁長が少なくて済むため、建物幅いっぱいの窓や3方向の開口、2台駐車のビルトインガレージも可能になります
  •  3方向の開口部から光とカゼを取り込むダイニング。視界が限りなく広がり、自然が暮らしに飛び込んでくる

シャーウッド エム グラヴィス ヴィラ

さらに高い自由と開放感を手に入れたシャーウッドの新シリーズ「エム・グラヴィス ヴィラ」登場

リゾートとは日常とは異なる空間・場所に身を移して本来の自分を取り戻す、という意味があります。しかしシャーウッドの新シリーズは日常でありながらそのリゾートの意味を実感させてくれ、家本来の意味まで変えていく。そんな住まいです。例えばホールのような空間で音楽会を開き親しい友人を招く。木の温もりにつつまれながら、非日常の開放感を当たり前のように味わってしまう、そんな大いなる自由を手に入れたシャーウッドから「エム・グラヴィス・ヴィラ」登場です。
進化してよりたくましくなったシャーウッド構法<スーパーMJシステム>で、暮らしを変える新しい空間設計が可能になりました。例えば、いままでは木造では考えられなかった高さ5.5mを超える開放感あふれる吹き抜けリビング、視界が限りなく広がり自然が生活に飛び込んでくる5mワイドスパンの窓、3方向の開口部から光と風を取り込むダイニング、ゆとりの2台分ビルトインガレージなどなど。暮らしをもっと豊かにする自由でダイナミックなプランがさらに広がります。日本の木の家の可能性を一段と広げた個性溢れる提案を実現します。

  •  構造そのものが耐震性を備え、地震に耐えるための壁が少なくてすむので、窓をつくるための開口部を取りやすいのが特徴。大きな窓を中庭に面してつくることで生まれる豊かな空間や、一面の窓から光が差し込むサニタリースペースなど、家にいるひとときがとても楽しくなりそう
  •  無垢の風合いが、上質な雰囲気を漂わせる。木質感を活かした内装で、優しくつつみ込まれるような空間を生み出す
  •  「涼温房(りょうおんぼう)」という設計手法を取り入れることで、人にも環境にもやさしい暮らしを提案する。涼温房とは、風、太陽、緑という自然の恵みを活かして、夏のそよ風や冬の陽だまりのような心地よさを生み出す、住友林業の設計手法。敷地ごとに周辺環境を考えながら、風の流れや日差し、そして緑の特性を巧みに活かすことで、冷暖房機器に頼りきらない快適な住まいを実現する
  •  BF構法がつくる空間:敷地の可能性を広げるキャンティレバー 1階より2階が大きく張り出した最大1.82mのキャンティレバーをつくることが可能。キャンティレバーの下はテラスやカーポートなどに利用できる。張り出した空間は居室やバルコニーとして活用できるので、限られた敷地でもプランの自由度が広がる
  •  BF構法がつくる空間:空間に広がりをもたらすコーナーサッシ 建物の角に柱のない構造にすることができるので、コーナーサッシやパノラマサッシをつくることができる。光を取り込むことはもちろん、視線が抜けるので空間に豊かな開放感を生み出す
  •  BF構法がつくる空間:敷地を有効に活用できるビルトインガレージ 中央に柱や壁のない大開口が可能なので、2台のクルマが入るビルトインガレージを実現できる。ガレージの上は居室として活用できるので空間のムダがない。また、住まいと一体なので防犯性も高まる
  •  <BF-Si>は、スケルトン・インフィルの住まい。構造部分(スケルトン)と内装・設備(インフィル)を分けて設計することで、空間を仕切る壁の配置を自由に選択しやすい。そのため、家族構成や住まい方の変化に応じて間取りを変更することが他の工法に比べて容易だ。また間取りを変更しやすい「Si間仕切り壁」や「可動収納」を用意。「Si間仕切り壁」は荷重がかからない壁のため、通常の仕切り壁に比べ、取り外しが容易だ。「可動収納」は収納家具として使え、必要に応じて場所を移動することができる
  •  <BF-Si>の、スケルトン・インフィルの住まいがもたらす資産価値という視点。長く住み継ぐための重要なポイントとして、間取りの可変性がある。耐久性とメンテナンス性に優れることはもちろん、家族構成の変化に応じて、あるいは次の世代に受け継ぐときに、住まいをリフォームしやすいことが大切。例えば、子どもが独立した後、賃貸併用や店舗併用へ変更することができる

「BF-Si」

住み継ぐこと、環境のこと。BF構法が新しい空間づくりを提案

「古くなったら建て替えるという発想ではなく、構造のしっかりした家をつくり、長く住み継いでいける家づくりをする」これがBF(ビッグフレーム)構法でつくる木の家の考え方だ。また、地震に耐える為の耐力壁をビッグコラムが果たす為、耐力壁を必要とせず、開口部を大きく取ることができるので、空間の自由度が高いのもポイント。キャンティレバー、コーナーサッシ、ビルトインガレージなども思いのままなので、敷地の中での空間の可能性を最大限広げることができる。さらに、窓をつくるための開口部を取りやすい為、庭に面して開口を大きく設けたり、2階に大きな吹き抜けをつくることができる。壁いっぱいに広がる窓が、光と風を呼び込み、開放的で、快適な暮らしをお届けすることができる。BF構法は、新しい木造住宅の可能性を提供する。

  •  住まいと外の新しい接点「Parking Porch」は、玄関の前に設けた屋根付きの駐車スペース。雨にも濡れず日ざしも避けて、家とクルマを快適に便利につなぐ。広々とした半屋外空間からは、暮らしを楽しむためのさまざまなアイディアが広がる
  •  「Parking Porch:その1」内でもあり外でもあるParking Porch。日ざしや雨をさえぎってくれるこの空間は、ガーデニングの作業にもぴったり。またバーベキューなど、コミュニティー空間としても活躍
  •  「Parking Porch:その2」アウトドア用品や自転車、ゴルフバックなど、室内におさまらないアイテムはどんな家族にもあるもの。ガレージ内に収納スペースを設ければ、クルマへの出し入れもスピーディー、見た目も美しく、防犯面でも安心。また、アウトドア用品などのメンテナンス空間としても利用でき、アウトドアライフを思う存分楽しめる
  •  「Parking Porch:その3」天候に左右されずに伸び伸びと遊べるParking Porchは、お子様のプレイススペースにぴったり。クルマから乗り降りする際も傘を差す必要がなく、小さいお子様がいてもスムーズに乗り降りできる。また、車椅子を使う方のクルマの乗り降りもスムーズに。家とクルマが近づくことで、家族皆の行動範囲も広がる
  •  くつろぎのリビングは、太陽の光が優しく差し込む。計算された太陽光の入り口は、たっぷりの光と開放感や、ゆったり流れる時間を視覚的に楽しませてくれる
  •  左右に広がるパノラマリビングは、敷地のカタチや方位などの特性を考慮して設計。仕切り・区切りを感じさせない空間は心地よい開放感を与えてくれる
  •  内と外の間には、大開口ガラス1枚。季節の空、街並み、毎日の景色を感じることができる
  •  家庭内のエネルギー利用を最適にコントロールし、家とクルマがつながってエネルギーを効率的に使うこれからの住まい、スマートハウス。スマートハウスの登場によって、家とクルマの関係が大きく変わり始めている。もっとエネルギーのやりとりがしやすい住まいへ。クルマを停めるだけでなく、家族やコミュニティーの憩いのスペースへ。クルマから室内へ、もっと楽しく、スマートな明日へ。家とクルマを見つめつづけてきたトヨタホームからの提案

エスパシオ GARAGE STYLE+

家+ガレージで発想する。その可能性は無限大(GARAGE STYLE+)

暮らしをもっと楽しむための空間として駐車スペースを考えたら、そのメリットは無限大に広がる。エネルギーや情報のスムーズなやりとり、収納スペースの確保、家とクルマの快適なアクセス、すっきりとまとまったエクステリア。さまざまなライフスタイルに合わせたこれからの家づくり、ガレージからはじめてみては。

  •  フルフラットバルコニーを介して空とつながる「2階スローリビング」
  •  外観のアクセントであると同時に包み込まれるような空間をつくるラウンドバルコニー
  •  5mの大開口を介して、リビングとフルフラットにつながるバルコニーが心地よいくつろぎをつくり出す。2階に設けた「スローリビング」。深い軒がやわらかな影をつくり、開放的なガラス手摺りが空とのつながりや広がりを感じさせる
  •  床を下げ適度なこもり感でくつろぎを深める「床ダウンのスローリビング」
  •  ペレットストーブで癒される「炎のあるスローリビング」
  •  室内との一体感を高めた、開放感あふれるフルフラットバルコニー
  •  高い設計自由度を活かし、開放感のある吹き抜けや大開口のある空間も自在
  •  強度と設計自由度をさらに高めた軽量鉄骨の「ユニバーサルフレーム・システム」
  •  彫りが深く美しい表情を持つ「ダインコンクリート」外壁には、味わいのある5つのデザインパターンがある

イズ・ロイエ

重厚なダインコンクリートに守られ新しく豊かな暮らしを楽しむ

彫りが深く味わいのある外壁に、深い軒の陰影が豊かな表情を見せるシルエット。キャノピー下の軒下空間が、大きな窓を介して内と外をやわらかくつなぐ。そんな重厚さと軽やかさを併せ持った、確かな存在感を感じさせる住まいが、積水ハウスの「イズ・シリーズ」に新たに加わった「イズ・ロイエ」だ。その堂々とした外観を特徴づけているのがオリジナル外壁「ダインコンクリート」。美しいテクスチャーと上質な重厚感を持つこの外壁は、建物にとって過酷な日本の気候から住まいを守る高い強度と耐久性を持っている。フルフラットバルコニーや大開口の連続窓などで、自然との一体感や季節の移ろいを感じ、くつろぎをつくり出すのが、同社の居心地研究から生まれた「スローリビング」。「イズ・ロイエ」ではこの「スローリビング」もいっそう進化し、開放感のある2階のスローリビングや落ち着きをつくり出す床ダウンタイプなどで、安らぎのある暮らしをかなえる。また、地震動による建物の揺れにブレーキをかける制震システム「シーカス」と、空気中の化学物質を厚生労働省基準の半分以下にする「エアキス」も標準で装備するなど、家族の安全と健康への配慮も充実した、先進の快適性を備えている。

  •  描きたいのは4LDKではなく4人が楽しく暮らせる住まい
  •  三世代の絆を育むオープンで連続する空間。リビングを中心に広がる空間
  •  欲しいのは広さや高さだけではなく、居心地のいい空間
  •  和モダン
  •  大切にしたいのはキッチンの効率ばかりではなく、楽しさや、ゆとりの時間
  •  伝統的な和の空間と現代的な暮らしの調和。時間、空間、家族を結ぶ、大きな縁のある住まい
  •  水庭のある住まいでは、水面の反射光が心地よいゆらぎ空間を演出。非日常的な心地よさが一層高まる
  •  土間、吹抜け、床座の居間。家族や地域の絆を育む空間
  •  ネオモダン

ニューオーセント

ずっと未来まで愛着を持って暮らせる住まい

いい住まいとは、家族の暮らしをもっと楽しく豊かにする場所だから一人ひとりのさまざまな想いに合わせて、住まいというかたちをつくりたいのです。まず、新しい住まいでかなえたい理想の暮らしを想い描いてください。家族だんらんの時間をもっと増やしたい。趣味に夢中になる時間も大切にしたい。ホームパーティを開いたり、ペットと一緒に遊んだり、休日の庭でバーベキュー。やがて歳月が過ぎて、子どもたちが独立しても、夫婦二人でいつも笑顔で暮らしたい・・・暮らしにこだわればこだわるほど、住まいに楽しさや個性が生まれます。注文住宅ならではの家族だけの理想の未来。エスバイエルの企業建築家がご提案します。

  •  三輪車やアウトドアグッズなどの保管に重宝する外部倉庫。家に上げての保管はしにくいものを入れておける便利なスペース
  •  美容や疲労回復に効果のあるマイクロバブルを取り入れたエステルーム(浴室)。ゆったりとした空間は子どもと入るときにも重宝
  •  オープンなキッズルームは将来的な間取りの可変が可能。お子様の成長に応じて住まい方を変化させることができる
  •  空間を有効活用してガレージを設置。また玄関への直接の視線を遮る目隠し壁は、自転車などを置くのにも便利な空間
  •  洗面所に隣接したリネンスペースは、洗濯物をたたんだり、アイロンをかけたりと何かと便利なスペース。家事の効率UPに貢献
  •  一日の疲れを癒す主寝室はゆったりとした十分なスペースを確保。バルコニーに面する大きな窓からたくさんの光や風が入るご夫婦だけの贅沢な空間

Tsu・do・i(つどい)

家族がつどう3階建ての家「Tsu・do・i」

家族のコミュニケーションを大切にする間取りと限られた敷地条件にも対応できる柔軟性、そしてもちろん長期優良住宅にも対応。家族のきずなや暮らしのゆとり、そして安心を育む3階建ての住まい<Tsu・do・i(つどい)>誕生

  •  「FREE LIVING」だから、どんな風にでもアレンジできる。仕切らずに広びろと使用することで、自然とコミュニケーションが生まれる空間にすることも。料理をしていても、TVを見ていても、お互いの様子が見える安心感が生まれ、家族の憩いの時間がつくられる
  •  壁を使ってリビングを仕切ったら、ちょっとしたプライベートスペースに。デスクとパソコンを設置すれば、もうそこは立派なワークスペース。リビングとの仕切りは壁1枚だから、仕事をしていても家族を感じることができる。そんなやさしい空間だ
  •  タタミをプラスすれば、ごろんと寝転びたくなる空間が完成。どんなアレンジも違和感なくマッチするのが、LQの「FREE LIVING」。奥のキッチンとの間に壁をつければ、くつろぎの空間と食事のための空間をゆるやかにわけることができる
  •  2階は「FREE FLOOR」のコンセプトでつくられた、大自由空間。暮らし方にあわせてアレンジできる空間だ。壁で仕切るのも、あえて大きな空間として使うのも、あなたしだい。大空間を贅沢に使えば、ふたりのためのホビースペースのできあがり
  •  子どもができたら、陽当たりのいいキッズルームに早変わり。壁で仕切らず、動く収納「ムーブクローゼット」を置くことで、どちらの部屋にいても様子がわかり安心。成長したら2つの部屋としても使え、壁でしっかり仕切ることも
  •  2階の大空間にふさわしい、大きめのウォークインクローゼットをひとつつくれば、きっと大活躍。洋服だけでなく、さまざまなものを収納することで、他の空間をより広く使うことができる
  •  LQ自慢のインナーバルコニーなら、雨が入りにくいので、くつろぎスペースや、グリーンスペースなど、アレンジを楽しむことができる
  •  屋根の種類や壁のアクセントカラーを選んで自分好みにアレンジできる。片流れの屋根にすることで、おしゃれな印象に
  •  シンプルなフラット屋根には、都会的な印象のカラーリングを

LQ(エルキュー)

基本性能が高いから、未来もずっと自分好みにアレンジしていける

自分のこだわりを大切にしながらも、時間とともに変化するライフスタイルにフレキシブルに対応できる家にしたい。住む人のそんな夢を叶える家がこの「LQ(エルキュー)」だ。家全体が、柱や壁の制限をほとんど受けない強靱な構造でつくられた大空間に、壁、収納(ムーブクローゼット)、棚(ムーブシェルフ)を自分の好みで、自由に配置したり動かしたりすることができる。夫婦がともに過ごす空間や自分の趣味を楽しむ空間をつくったり、子どもの成長に合わせてキッズルームをつくったり、仕切った部屋をまたオープンに戻したり。変化していくライフスタイルに合わせて、人生を最適に演出することが可能なのだ。プロの技術が最大限に活かされたこの住まいは、長寿命で、高い省エネ・省CO2性能を実現。60年保証の「アトリスプラン」に対応できることも嬉しい。坪単価40万円台からというお手頃価格で実現できるところも魅力的だ。

  •  大きな吹き抜けで1階と2階をつなぐファミリーコモンは、どこにいても家族の気配が感じられる空間
  •  従来のLDKという概念にとらわれず、広々とした自由な生活空間を提案した「Laisonte」のファミリーコモン。同じ空間にいながら、それぞれが思い思いの時を過ごせる家族みんなの共有スペースは、「くつろぐ・見る・遊ぶ・食べる・学ぶ・家事をする…」といったさまざまな行為の場を緩やかなゾーニングによってつなげています。家族をつなぎ、生活をひろげていく。それが「Laisonte」の暮らし方です
  •  たとえばcookingエリアに立った時。料理をしていても、家族が家のどこで何をしているかがわかる。また、家計簿をつけたり趣味のためのコーナーとしても便利なM's Workingからも、キャビネットなどでゾーニングされた子供のためのKid's Livingや空間全体が見わたせる。「Laisonte」は、ファミリーコモンを中心に、中庭や階段、2階までも視線が届くように考慮され、家族のコンタクトポイントを平面的にも立体的にも意識した空間構成となっています
  •  ファミリーコモンからフルオープンサッシで中庭につながるエリアは、光と風を家の中に取り込むだけでなく、家族が思い思いに、あるいは一緒に自然を肌で感じることができるアウトドア空間。建物に守られるように囲まれたこの空間は、家族のプライバシーやセキュリティーを保つゾーンとして設計されているため、安心して小さな子どもたちを遊ばせることができます。子どもたちが土や草花、小鳥たちに親しむ場として、また、ガーデニングやバーベキューを楽しむ場として、暮らしの楽しみ方を無限に広げてくれるでしょう
  •  家族を大切にしながらも、時には充実した自分だけの時間を楽しみたい。そんなお父さんの願望をカタチにしたのがガレージ上階のキャビンです。家族の生活空間とは距離をおき、戸外のブリッジでつながった“離れ”となっています

Laisonte(レゾンテ)

その家の“ つながり”には理由がありました。

たとえ向き合って話さなくとも、そばにいる気配を感じるだけで心が落ち着き、安らいでいく。家族とはそういうものであり、家とはそういう場であると三井ホームは考えます。共に暮らすことで自然と心がつながる家をカタチにした新商品「Laisonte(レゾンテ)」では、住まいを小さな空間の集合体としてではなく、ひとつの大きな空間としてとらえ直すことによって、くつろいだり遊んだり、食事をしたり家事をしたり…といったさまざまな行為の場をつなぎました。そこにはフレキシブルなコミュニケーションと自由なシンパシーが満ち、空間のつながりが心のつながりを生み出していきます。「Laisonte」は、家族が絆を深め、心や暮らしをひろげるための家なのです。

  •  「学び」や「趣味」、「仕事」を通して、家族一人ひとりが思考力を高められる空間「ホームコモンズ」。さりげなくお子さんの成長を見守りながら、互いの理解を深めることもできる
  •  小屋裏3階とすることで実現したプラスαの空間が学びのスタイルを変えていく
  •  ミサワホームは創立以来、住まいは子育てのためにあると考え、商品開発に取り組んできた。HYBRID「自由空間 Edu」では山内祐平氏(NPO法人 Educe Technologies 代表理事/東京大学大学院情報学環准教授)による監修のもと、子どもの成長に合わせた学習環境の提案を行っている。年齢に応じて4つのステップを設け、子どもの感性や個性を育む最適の学び空間を創造する「ホームコモンズ設計」を採用している
  •  <ホームコモンズ設計>1st step(0~1歳) 0~1歳は五感や知性を育む時期。安全なリビングに身体を動かしたくなる環境をつくり、ふれあいを深め、信頼関係を築いていく
  •  <ホームコモンズ設計>2nd step(2~6歳) 2~6歳は子どもの疑問に真摯に答えたい時期。キッチン前のトークサイトでの母と子の対話を通して「想像力」と「語る力」を育む
  •  <ホームコモンズ設計>3rd step(7~12歳) 7~12歳は子どもの個性が確立し始める時期。ダイニングの一角に机を置くことで見守られている安心感を与え、集中できる環境に
  •  <ホームコモンズ設計>4th step(13~21歳) 13~21歳は興味・関心をカタチにしていく時期。「ホームコモンズ」で“学び”や趣味などを通して思考力をアップ

HYBRID 自由空間 Edu

家族で学びを楽しむホームコモンズ 広く明るく快適な「学び家」

いま、大学や図書館では、共同作業ができるほか、互いに刺激し合いながら学び合うことのできる空間「ラーニングコモンズ」が増えている。こうした学び環境の変化に対応するために同社がデザインしたのが、親子で楽しく学び合え、子どもの成長に合わせて学び空間もステップアップする「ホームコモンズ設計」。そして、この設計を採り入れたのが、ミサワホームの小屋裏3階建て住宅・HYBRID「自由空間」に“学び”をコンセプトに新登場したHYBRID「自由空間 Edu(エデュー)」である。「ホームコモンズ設計」の中でも特徴的なのが、2階上部の“学び空間”「ホームコモンズ」。それぞれの愛読書を並べることで家族の興味を共有できる大きな本棚、家族ひとり一人の指定席、親子で共同作業や寛ぐこともできるテーブル。こうしたアイテムを採用することで、家族が思い思いに過ごしながらも緩やかにつながり、対話や共同作業を通じて発見や成長を楽しめる空間になっている。HYBRID「自由空間 Edu」は鉄骨ラーメン構造+耐久性に優れたニューセラミック外壁、制震装置「MGEOーH」(標準装備)などの先進技術、スマートハウスの新しいカタチなど、これからの安心・快適な住まいを叶える提案がいっぱいだ。

  •  アメリカンカントリーのイメージでデザインされた規格プランに、アレンジを加えたもの。カジュアルな雰囲気でまとめられている
  •  木の温もりに満ちた心やすらぐリビング空間
  •  柔らかな風とともに優しい太陽の光が射し込む小屋裏窓
  •  バーリントン。伝統的なアメリカンウエスタンスタイル。カーボーイデッキでくつろぎのひと時を過ごすことができる
  •  バーリントンII。徹底的に可愛らしさにこだわった、キャラクターが似合う家
  •  メリーランド。妻側に広い玄関を配置。4本のコラム柱が豪華さを演出している
  •  メリーランドII。飽きのこないシンプルな外観デザイン。お洒落な玄関ポーチポストにはガーデニングが映える
  •  ソフィア。狭小地に対応しながら単世帯に充分な広さを確保。小さくても個性的な家
  •  ソフィアII。フェアリータウンシリーズ最小プラン。天井の高い総2階建て

フェアリータウンシリーズ

童話や映画のワンシーンを彷彿とさせる小屋裏利用2階建て

柔らかな風と共に小屋裏窓に差し込む優しい太陽の光、幼い頃の憧れは今特別のものではなくなった。<絵本に出てくるような可愛いお家が欲しい>そんな方の夢を叶えるのが「フェアリータウンシリーズ」。見た目は平屋をイメージさせる小屋裏利用2階建てを基本設計とし、その外観スタイルは童話の世界に出てくるような可愛いらしいお家のデザインを追求、表現している。童話や映画の1シーンを彷彿させる小屋裏スペースでの生活は、日常を非日常的な感覚に変え、誰もがリラックスして時の流れを楽しめる空間となることだろう。外観、間取り、サイズや仕様が異なる全6プランをラインナップし、らせん階段やカーボーイデッキなど、それぞれが個性的な特徴を持つプランに仕上がっている。また、外壁の標準仕様(サイディング)をアレンジする(石張り、塗り壁など)ことにより、オリジナルな外観イメージをつくりあげることも可能だ。

販売前おすすめ物件情報

ドレッセ中央林間
関東神奈川県大和市
東急田園都市線「中央林間」歩5分
(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクト
関東東京都江東区
りんかい線「国際展示場」歩4分
パークシティ武蔵小山 ザ タワー 
関東東京都品川区
東急目黒線「武蔵小山」歩1分
リビオ堺ステーションフロント
関西大阪府堺市堺区
南海本線「堺」歩3分
(仮称)茨木216プロジェクト
関西大阪府茨木市
阪急京都線「茨木市」歩8分

迷ったらSUUMOカウンターのセミナーへ行こう

注文住宅カウンター
マンションカウンター
その他のセミナー情報を見る